結果の出るコンテンツマーケティングサイトを簡単に構築

コーポレートサイトやブログを作成するのに無料でありながら圧倒的な機能と使いやすさを提供してきたWordPress公式ディレクトリ登録テーマ「Lightning」。そのLightningをコンテンツマーケティングやメディアサイトとして活用するためにデザインと機能を強化したのが有料の拡張デザインスキン「Variety(ヴァラエティ)」です。

デモサイト(トップページ)を見る

Lighningと多機能プラグインExUnit

 

lighnting_page_in_visual

Varietyは WordPress公式ディレクトリ登録テーマ「Lightning」の有料拡張プラグインです。Lightningはwordpress.orgに登録してあるテーマなので、WordPressの管理画面から無料で簡単にインストールする事ができます。

Lightningと同時開発した 無料の多機能プラグイン「VK All in One Expansion Unit(通称:ExUnit)」を使うと、今時のビジネスサイトやブログを作る上で必要な機能を網羅してあるので、コーポレートサイトやお店のホームページ、ブログなど簡単に構築する事ができます。

こちらもWordPress公式ディレクトリ登録プラグインですので、簡単にインストール・アップデートが出来て、なお且つ無料です。

まだ Lightning と ExUnit をお試しでない方は、まずは無料でご利用出来る LightningとExUnit を是非ご利用ください。

ExUnitの便利な機能

企業サイト向けトップページに最適化

top1

1

見て欲しいページをトップページでアピール

来訪者へ見て欲しいページをアピールするセクションを、PR Blocksウィジェットでカンタンに設置。ページの巡回率アップにもつながります。

この機能を詳しくみる

2

見せたい情報を柔軟なレイアウトと配置で表示

プロフィールウィジェットで登録した情報をお好きなウィジェットエリアへ表示できます。会社情報やロゴを表示するのにうってつけです。

この機能を詳しくみる

 


ビジネス用サイトに必要な機能が豊富に揃っています

top2

1

便利な子ページインデックス表示機能

子の関係にあるページの情報を自動で一覧表示します。企業サイト制作に大いに役立ちます。

この機能を詳しくみる

2 3

お問い合わせ先情報表示

ページコンテンツ下へ、お問い合わせ先を自動で表示します。管理画面での入力内容を反映するので柔軟な表示が可能です。

この機能を詳しくみる


top3

4

コールトゥアクション(CTA)表示

コールトゥアクションとは訪問者へとってもらいたい行動を促すことです。Ex-Unit の CTA 機能では、コンテンツ下へ CTA ボックスを表示し、資料請求やサンプル請求などをしてもらうよう促します。

この機能を詳しくみる

 

VK All in One Expansion Unit には、この他にもサイト制作にかかる時間を大幅に削減する、便利な機能が豊富にあります。ブログとしての機能も充実しています。

各種SNSとの連携機能も簡単設定

  • シェアボタン
  • ヘッダーにOGPタグ自動出力
  • twitterカードタグ自動出力

便利で魅力的なウィジェットの数々

  • プロフィールウィジェット
  • PR ブロックウィジェット
  • Facebook ページプラグイン
  • カテゴリー/カスタム分類リスト
  • カテゴリー/カスタム分類アーカイブリスト
  • 固定ページ下階層ページリスト

他、現在も拡張中。

その他よく使われる便利な機能を無料で提供

  • ページ制作に役立つ便利なCSS設定
  • GoogleAnalytics解析コード
  • ヘッダーにOGPタグ自動出力
  • twitterカードタグ自動出力
  • 投稿の本文の前、moreタグ、本文の後に広告の一括挿入

他、現在も拡張中。

ExUnitの全ての機能について詳しくみる

Varietyの特徴

より結果を出しやすくするためにヘッダー上部を強化

ウェブサイトは存在しているだけでは意味がありません。ビジネスにおいてはあくまでも問い合わせなどのアクションを得る事が目的です。

そのためにヘッダー上部に電話番号問い合わせボタンを配置しました。

また、ユーザーがより使いやすくなるようにサブナビゲーションを配置する事が可能で、加えてPC閲覧時には画面左上にサイトのキャッチコピーも表示されるようになっています。

ヘッダーに問い合わせボタンや電話番号などを表示

ヘッダーに問い合わせボタンや電話番号などを表示

『お問い合わせボタン』と『電話番号』はカスタマイザーで設定します。

管理画面の『外観』→『カスタマイズ』からカスタマイザーを起動して、左のメニューに『Lightinng ヘッダー上部』というセクションが表示されるので、そこから問い合わせボタンに表示するテキスト/リンク先/電話番号を設定します。

画面が狭い端末で表示している時は、ヘッダー上部のナビゲーション/電話番号/問い合わせボタンは通常のナビゲーションの上に表示されます。

カスタマイザーから設定します

カスタマイザーから設定します

更に、目的のページへの誘導を強化したり広告収入を増やすヘッダーバナーエリアも用意しています。

ヘッダーバナーの設定も『外観』→『カスタマイズ』からカスタマイザーを起動して、『Lightning ヘッダーバナー』から設定します。

ヘッダーバナー設定画面

ヘッダーバナー設定画面

バナーエリアには画像あるいはHTMLを指定する事ができます。HTMLを入力するテキストエリアにはGoogleAdsenseなどのコードを入力する事もできます。

バナー画像とHTMLの両方が登録されている場合は画像が優先して表示されるようになっています。

※スマートフォンなど画面サイズが狭い端末で閲覧している時はヘッダーバナーは表示されません。

様々な条件・レイアウトで投稿を表示出来る Media Posts ウィジェット

WordPressは投稿された情報を条件によって絞り込んで表示する事を得意としていますが、Varietyではその強みを最大限活かし、投稿タイプ・カテゴリーを指定した上で、様々なレイアウトで配置する事ができます。

160910-0002

 

 Media Posts ウィジェットのレイアウト

160909-0010 160909-0011 160909-0012 160909-0013 160909-0014 160909-0015

新着記事にはNewアイコンを表示

MediaPostウィジェットでは、新着記事にNewアイコンを表示する事ができます。Newアイコンを表示する日数は任意に設定可能です。

表示する記事のオフセットで、複数のレイアウトを組み合わせて表示可能

通常は公開日付が新しい順に表示しますが、例えば新しい記事の4件目から表示するという事も可能です。この機能によって、例えばMediaPostウィジェットで1件だけ A のレイアウトで配置、その下にまたMediaPostウィジェットを設置し、見出しを空欄にした上で今度はBのレイアウトを選択して表示記事のオフセットを 1 にすれば、ウィジェットとしては2つのウィジェットを使用していますが、見た目は一つのグループとしてまとまります。

Media Post ウィジェットの組み合わせ

Media Post ウィジェットを複数組み合わせたレイアウト例

投稿タイプ毎のアーカイブのレイアウトを指定可能

ウィジェットのレイアウトだけではなく、通常のカテゴリーアーカイブや月別アーカイブのレイアウトも投稿タイプ毎に変更する事ができます。

外観 → Lightning Variety から設定します。

外観 → Lightning Variety から設定します。

トップページの拡張ウィジェットエリアを拡張

無料で利用出来る標準のLightningではトップページのコンテンツエリアのウィジェットエリアは1つですが、Varietyではトップページでより多くのバリエーションを実現出来るようにさらに4つのウィジェットエリアを用意していますので、コンテンツエリアだけで合計4つのウィジェットエリアが利用可能です。

豊富すぎるウィジェットエリア

豊富すぎるウィジェットエリア

VK Post Author Display

著者情報を表示するプラグイン(無料)を併用して信頼度をアップ

Variety の開発に併せて、メディアサイト/コンテンツ・マーケティングサイトに必須の著者情報表示プラグイン「VK Post Author Display」を強化しました。

記事の下に著者情報を表示する事で、読者に自分の事を記憶させます。Varietyの開発に併せた今回のバージョンアップでは、ユーザーと定期的な繋がりを持ってもらうためにSNSアカウントのアイコンの追加や、デザインの改善を行なっています。

著者情報を本文下に挿入

著者情報を本文下に挿入

こちらのプラグインはWordPress公式リポジトリに登録してあり、Lightningユーザー以外でも無料でご利用いただけますので、是非ご利用ください。

VK Post Author Display

注意事項

動作環境 WordPress 4.5 以降
PHP 5.6 以降
Lightning 3.0.0 以降
Lightning Advanced Unit 2.0.0 以降
対応ブラウザ 下記ブラウザ最新版及びIE11
* Chrome
* Safari
* Firefox
* Eddge
ライセンス GNU General Public License version 2
※一つのプラグインの購入で複数のサイトにご利用いただけます。
販売価格 販売価格 7,980円(税込)

※楽天ID決済でご購入のお客様はメールアドレスが取得できませんので、将来的に商品アップデート通知やアップデートデータを受け取れなくなる可能性があります。DLmarketの都合上、楽天ID決済を使えなくする事が出来ないので、楽天ID決済をご利用の方は、上記についてご理解の上ご購入ください。


DL-MARKETで購入


※本拡張デザインスキンはテーマではなく『プラグイン』です。プラグインとしてインストールして下さい。プラグインのインストールについては「プラグインの説明と設定方法」をご参照下さい。

更新履歴

Variety Version リリース 動作確認済 Lightning 変更箇所
2.0.6 2017.5.31 3.1.0 [ 仕様変更 ] 今までトップページメインビジュアル(スライドショー)について端末の画面サイズが狭い場合には両端15%を非表示にする仕様としていましたが、「勝手に切れる」という意見が多かったため、この仕様を廃止し、登録した画像がそのまま表示されるようになりました。
その替わりにLightning 3.1.0ではモバイル用の画像が「外観 > カスタマイズ > Lightning トップページスライドショー」より別途設定出来るようになっています。
[ 不具合修正 ] iPhone Safariでスライドショーの登録されたトップページを閲覧した際に、スクロールの仕方によってはヘッダー部分が潰れてロゴが切れてしまう不具合を修正いたしました。
2.0.5 2017.4.13 3.0.2 [ 不具合修正 ] MediaPostsで「Vertical card 3 column」「Vertical card large image 3 column」レイアウト利用時に最下段が2つの時にレイアウトが左寄せにならない不具合を修正
2.0.4 2017.3.28 3.0.2 [ 不具合修正 ] Safariにて特定の画面サイズで閲覧時に Media Posts の Vertical card 3column のレイアウトが崩れる不具合を修正
[ 不具合修正 ] Safariにて特定の画面サイズで閲覧時に Media Posts の Vertical card 3column の高さが揃わない不具合を修正
2.0.1 2016.12.22 3.0.0 [ 不具合修正 ] カラーテイストを「濃い」にした状態でタブレット端末で閲覧した際にメニューのカラーが不自然に着色される不具合の修正
2.0.0 2016.12.16 3.0.0 [ 仕様変更 ] ヘッダーメニューの表示切り替えポイント変更に伴う修正
1.1.0 2016.10.20 2.7.5 * カラーテイスト変更機能追加
* カスタマイズ画面での挙動改善
* デザイン調整
1.0.0 2016.09.10 初版リリース

Lightning Variety

Lightningをコンテンツマーケティングやメディアサイトとして活用するためにデザインと機能を強化したのが有料の拡張デザインスキン「Variety(ヴァラエティ)」です。